ダイエットして健康的な身体づくり!

ダイエットはカロリー計算だけでは成功しない

理屈から言うと、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せることが出来ます。
しかし、ダイエットでは摂取カロリーばかりを気にしていても痩せられないこともあります。
食べたいものを我慢するダイエットでは、ストレスが溜まってやけ食いに走ってしまうことも多いです。
また、食事の代わりにお菓子を食べる方法だと、栄養が偏ってしまってかえって太ってしまうこともあります。
健康的に痩せるためには、栄養のバランスをとりながら脂肪が燃えやすい体を作ることが大切です。
ひとつの方法として、糖質制限があげられます。
1日の糖質の量を60gに抑えて、あとは脂質やたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素でお腹を満たす方法です。
脂質は摂り過ぎれば、脂肪が燃焼しづらくなりますが、ある程度の量ならば大丈夫です。
痩せられない原因の多くは、糖質の摂りすぎにあります。
糖質の摂取量を抑えるには、主食の代わりに豆腐を食べたり、こんにゃくを入れてかさ増しすると良いです。

カロリー減でもダイエット出来ないのは栄養不足かも

カロリーを減らしたからといって、必ずしも痩せられるとは限りません。
食事の代わりにお菓子でカロリーを摂れば、摂取カロリーを減らせることもありますが、お菓子に含まれている栄養素はほとんどが糖質と脂質で構成されているため、ダイエットに必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどを補充することが出来ません。
ダイエットをしているのに痩せられないという人は、たいてい栄養不足に陥っています。
栄養不足というのは、太っていても起こります。
蓄積された脂肪を燃やす栄養素が足りていなければ、いくら食べる量を減らしても痩せることは出来ません。
大切なのは脂肪を燃やすために必要な栄養素を補うことです。
脂質代謝や糖質代謝に必要なのは、ビタミンやミネラルです。
たんぱく質もエネルギーを作り出す筋肉の原料になるので欠かせません。
どの栄養素が足りていないかをチェックするには、1日に口にしたものを全て書きだしてみると良いです。
これを毎日続ければ足りないものが見えてきます。

pickup

Last update:2017/4/11