ダイエットして健康的な身体づくり!

ダイエットは維持できてはじめて成功

ダイエットというと、体重を落としてスリムになることが目的ですが、実際、設定した体重に到達しサイズダウン目標がかなったとしても、そこがゴールではありません。
痩せることは確かに大変ですが、ダイエットの本番は痩せてからも続くのです。
そう、落ちた体重をそのまま安定させ、増やすことなくボディラインに磨きをかけるという維持が仕上げとして残っているのです。
維持をするための心がけとしては、まず常にダイエットを意識した生活を続けること。
体重計には毎日乗り、太らないことを配慮した痩せる習慣を身に付けることが大切です。
例えば、就寝前にストレッチをするとか、19時以降は食べないとか、甘味や間食は週末だけに決めるとかストレスにならない程度で自分が自然に生活にとりこめるようなルールを決めます。
また、毎日続けるのが飽きてしまうタイプの人は、いくつかの太らない習慣をピックアップして日替わりで実践するのも継続できるコツとなります。

ダイエットで大切なのは体重を維持すること

危険なダイエットとは、リバウンドを招いてしまう方法です。
10kgの減量に成功したのに、リバウンドして20kg太ってしまった方は実際にいます。
痩せること自体はそれほど難しくありませんが、痩せた状態を維持するのは大変です。
ほとんどの減量法は、一時的に大幅に体重を落とすことを目的としています。
短期間で減量できれば、効果があると錯覚してしまうからです。
ダイエット商品は常に需要があり、様々な商品が開発、販売されています。
新商品が登場すれば、多くの方が飛びつくことでしょう。
ハードな減量法を実践すれば、痩せるのは当然のことなのです。
しかし、痩せたあとの状態を維持するのが容易ではありません。
減量後の体重を維持するためのダイエットは、実は意外と地味なのです。
地味な方法はすぐには効果が出ませんが、リバウンドが起こりにくいというメリットがあります。
おすすめのダイエット法には、入浴、サプリ、食事制限、軽い運動などがあります。
当たり前の基本的な方法を続けることが一番確実なのです。

check

最終更新日:2017/4/11